マンション経営と利回りについて

マンション経営をネット調査しました♪

  • ご存知、Suumo【岡山の不動産】は「岡山の不動産」の商材を中心としたサイトです。見やすく、情報も整理されているので一押しです。
  • 初めて建築 協会するって人に特にオススメなのがこのサイト。あなたの建築 協会についての疑問が解決しちゃうかも!

マンション経営における利回りの種類

マンション経営の利回りというのは、マンションに投資をした金額に対する、年間の改修金額のことを指します。一般的な利回りと同じように考えれば良いと思います。もちろんですが、利回りは高いほうがよいでしょう。利回りが高いほうが投資対象としては優れていると言えるでしょう。利回りが10パーセント以上もあるマンションでないと利益を上げることができないといわれる事もあります。もちろんですが、これはケースバイケースです。借り入れをしている場合とそうでない場合とでは異なるでしょう。また、借り入れの金利によっても異なってくると思います。ですから、どれくらいの利回りが必要になるのかというのは、それぞれの物件によって異なってくるでしょう。注意しておかなければならないのは、利回りと言っても色々なものがあるということです。マンション経営をするときの利回りというのは、想定利回りや実質利回りなど、色々なものがありますから、マンションの利回りと言ったときには、それがどの利回りを指しているのかを意識することが必要となってきます。
利回りの中でも想定利回りや予想利回りと呼ばれるものがあります。これは、満室を想定した時の利回りであると言えるでしょう。経費などは計算されていませんから、非常に高い利回りになることが多いようです。これが現実の利回りとは異なるということは、わざわざ書かなくてもよいでしょう。表面利回りや単純利回りは、そのときの年間収入を元に計算したものです。満室を想定するのではなくて、そのときの収入をもとにしているという点が異なっています。表面利回りや単純利回りでも経費などは計算されていないのです。これを計算したのが実質利回りやネット利回りと呼ばれるものです。より現実に近い利回りであると言えるでしょう。このように、投資をする前に色々な計算をする事によってこれらの利回りが分かります。しかし、実際に投資をして見ないと分からない部分もあるでしょう。実際に投資をしたときの利回りを、最終利回りと呼ぶ事もあります。

最近の急上昇ワードマンション経営。ネットならここを一度覗いて下さい

Copyright (C)2013マンション経営と利回りについて.All rights reserved.